八王子ファッション協議会とは

会長挨拶~「そうだ、八王子がある。」

平成28年度より、第八代目ファッション協議会会長を任されております、有限会社オカド染色工業の山口琢磨と申します。

世界的に名立たる国際都市である、日本の首都「東京」。

そこにある我が街八王子は、かつて「桑の都」と呼ばれ、絹(シルク)で栄えた繊維の産地で ありましたその歴史が、だんだんと人々の記憶から薄らいでいくのを残念に思う方々は少な<ないのではないでしょうか。

しかしながら日本において八王子が属する東京は、世界に向けて情報を発信し企画や商社、
そしてデザインに携わる人が国内で一番多く存在する、唯一無二の国際都市であります。それにもかかわらず「東京に繊維加工の産地がある」という事を全国的に上手く伝えられていない、と思っております。

国内の繊維産業は合、「限界集落化しつつある」と言えるでしょう。

高齢化やマケットの縮小で、加工業者は確実に減少し、昔ながらの織機や編機、染色機など、繊維の機械も激減しております。しかし、近年「たしかな日本のものづくり」が再び注目され、 「製造の日本回帰」が始まっています。
だからこそ、前者が未だ存続し、次の世代の万が多く集まりインフラと情報の利便性が高い 「東京の『八王子』」は、加工の産地としても大きなポテンシャルを秘めていると信じております。
織り、編み、浸染、捺染、整理などさまざまな企業が残る八王子は、全国でも珍しい繊維の複一合産地であります。そして都心より小時間という利便性は、製品に直接触れ、必要な時に実際の「目」で、ものづくりの工程を見る事を可能にします。

都心(urban)から郊外(suburban)へ。郊外から地方の産地へ.

我々「八王子ファッション協議会」は定例会を始め、催事やイベント等を通し、異業種間交流を深める「ものづくりのための場」と考えております。
最近では前述のように、情報都市・東京から各地の繊維産地をつなぐ「ハプ機能」も持ち合わ せられる立地である故に、全国の産地との交流を深める活動も活発に行っております。

当会の会員は段ボルなどの製造をはじめ、デザイナー、催事、企画、小売り、学校と幅広く 非常に多彩です。女性や学生もいらっしゃいます。八王子の企業のみならず、八王子での「もの づくり」に関わるなら、八王子在住にこだわらず、企業や個人もこだわりません。

工場を見せられるうちに残っているうちに。

ぜひ、当会を通し「繊維のIBJ、八王子」に触れてみて下さい。

八王子ファッション協議会 会長
山口 琢磨

ページ上部へ戻る